マラソンプロジェクト

秋のマラソンに向けて 2022/07/16

じゅんさんは秋のマラソンに向けて順調に走り込みを続けています。4月~6月上旬まではトラックレ-スに出場してスピ-ド養成に努めました。また坂道ダッシュなどの瞬発系の練習を取り入れて脚筋に刺激を与える等新たな取り組みも進めています。6月中旬に練習でフルマラソンを完走(3時間44分15秒  2位)これからリディア-ド方式で言うところのピラミッドの底辺 有酸素能力の強化を行ないます。土台は面を広く高さは高く構築するのがポイントです。7月上旬には香美町、豊岡陸上競技場の強化練習を経て、8月28日の北海道マラソンで仕上がり具合の中間チェックを予定しています。タ-ゲットレ-スは11月20日に開催される神戸マラソンです。

 ⇒ 20220612_第6回_JAL向津具ダブルマラソン_リザルト.pdf (athletics-files.com)
強化練習1日目 香住海岸20Kロ-ド走
強化練習2日目 豊岡 12000ペ-ス走
最後は笑顔 グリコのポ-ズで終了

2022年シ-ズンに向けて始動しました 2022/04/10

じゅんさんの今年1月の大阪国際女子マラソンは、昨年末からの脚のトラブルの影響で残念ながらDNSとなり2021年度のマラソンシ-ズンを終えました。
ようやく脚の状態も良くなったので、気持ち新たに秋のマラソンに向けて始動しました。6月からのマラソン練習まではロ-ドレ-スやトラックレ-スを入れつつ昨年の課題(脚の故障を誘引した厚底対策)を解消して次こそは良いマラソンレ-スをしたいものです。
4月10日(日)は10キロのロ-ドレ-スに参加して現在の走力をチェックしました。

芦屋さくらファンラン 2022 結果・速報(リザルト) (neet-shikakugets.com)
さくらも散り始めましたが3年振りの開催です
スタ-ト直前まで感染予防策が講じられます
自分の力を確認しながら走ります
今日はとても良い天気でした

防府マラソン 2021/12/19

 2018年の福知山マラソン以来3年振りのフルマラソンのスタ-トラインに立ちました。
目標はマスタ-ズ W50 日本道路最高 2時間53分31秒 そのための準備はできたと思います。中間地点までは順調に日本記録ペ-スでしたが、脚のトラブルに見舞われ記録狙いから完走に切り替え3時間3分18秒でフィニッシュしました。
 今回の一番の収穫はフルマラソンに復帰でき完走したこと。脚のトラブルは暫く体調調整を行なう中で解消できると思いますが次のレ-スで再発しないように対策が必要になってきます。
 次は来年1月30日の大阪国際女子マラソンです。まだまだチャレンジは続きます。

防府マラソン成績 
https://hofu-yomiuri.jp/wp-content/uploads/2021/12/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%A5%B3%E5%AD%90.pdf 
前半は順調
男子選手を壁にして風よけに
追い風でペ-スが上がってきました
中間点過ぎてから脚のトラブルに見舞われることに

マラソン2週間前 10キロ タイムトライアル 2021/12/05

防府マラソン2週間前、テ-パリングの中でレ-スペ-スで10キロを走り体調チェックを行ないました。マラソントレ-ニングの疲れはとれていることが確認でき、動きも上々な感触を得ました。あと2週間当日にトップコンディションになるよう進めていきます。
加古川市 朝の平荘湖
5キロまでペ-スメ-カ-と一緒に
良い動きが出来ています
朝日を一杯浴びながら快調に

マラソン4週間前 30キロテンポ走 2021/11/21

防府マラソン4週間前 コ-ディネ-ション最終日 今日はHAT神戸で開催されたランニングイベントを利用してビルドアップ形式で30キロのテンポ走を実施しました。キロ4’40から慎重に入り体調を確認しながら徐々にスピ-ドを開放していきました。ラスト6キロからは本番を想定してキロ4’10までペ-スを上げて体の状態をチェック無事終了しました。9月下旬から8週間 30キロ3回、25キロ2回 ハ-フマラソンレ-ス1回 トラックレ-ス5000M1回、5キロ×3のインタ-バル1回を織り交ぜ、マラソンのスタミナとスピ-ドを融合させました。全般において良い練習がこなせたと思います。明日から疲労を抜きながら大会当日に向けてコンディションを上げていくテ-パリング(最終調整)に入ります。
リラックスして最初入ります
体調を確認しながら徐々にペ-スアップします
歯を食いしばらず余裕を持って良いイメ-ジでゴ-ルします

マラソン6週間前 ハ-フマラソン調整走 2021/11/07

 防府マラソン6週間前、まだコ-ディネ-ションのステ-ジですがハ-フマラソンを利用した中間チェックを行ないました。6月中旬から8月下旬までの9週間を有酸素走り込みでしっかりスタミナの土台を築き、2週間の休養期間の後9月はトラックレ-スを利用した無酸素インタ-バル。10月からはコ-ディネ-ションに移行し、フルマラソンのためのロングテンポ走(30k 25k)とトラックレ-スを織り交ぜ12月のフルマラソンに向かって仕上げていきます。
 レ-ス当日は風が強い中でしたが、キロ4分切で終始イ-ブンペ-スで押して1時間23分40秒。
 ここまでは順調にトレ-ニングを進められています。あと2週間かけてスタミナとスピ-ドの融合を図り最終調整に入ります。
 また後ほどトレ-ニング鳥瞰図を公開する予定です。

大会結果 ⇒ ・・・準備中・・・ - kakogawa-matsukaze-running ページ! (jimdofree.com)
風が強い加古川河川敷 終始イ-ブンペ-ス
スタミナの土台を築いているので余裕の走り

マラソンプロジェクトを開設しました 2021/09/26

 じゅんさんはかつて加古川マラソン2回優勝、姫路城や福知山、神戸マラソンでも上位入賞した女子トップ市民ランナ-でした。2018年の福知山マラソンで3位入賞後に故障が災いし大会出場もままならず、昨年からようやく再起を目指し始動をはじめました。
 今年の3月にメ-ルサポ-トを通じて11月のおかやまマラソンで復活に向けた取り組みを開始しました。
 今年50歳を迎え、2時間50分台前半の記録を目指してトレ-ニングを積んできましたが緊急事態宣言下でおかやまマラソンは大会中止となり、タ-ゲットレ-スの変更を余儀なくされ目標を12月の防府マラソンに切り替え、現在リディア-ド方式によるマラソン練習に集中しています。
 今後その取り組みをご紹介するとともにこれから大会までの状況についてお伝えします。
ページトップに戻る